タグ:沖縄 ( 17 ) タグの人気記事

2010年 01月 24日
万座毛
沖縄シリーズの最終回です。
この地を訪れた時の国王・尚敬が「万人を座するに足る」と
称賛したことが、その名の由来。(パンフより)
万座毛の毛は野原の意味です。
絶景をごゆっくりご覧ください。
c0192843_1985728.jpg

これが象の鼻。テレビドラマにも登場する絶景です。
c0192843_1993723.jpg

c0192843_19101832.jpg

c0192843_19112740.jpg
c0192843_19121052.jpg
c0192843_19124799.jpg




Topに戻る 
  井戸八コレクションへ

[PR]

by idokichi | 2010-01-24 06:44 | 旅行
2010年 01月 23日
沖縄美ら海水族館
読み方は「ちゅらうみすいぞくかん」といいます。
こんな大きな水槽の博物館は初めてです。ジンベイザメの大きさにびっくり。

ジンベイザメの繁殖をめざした複数飼育
世界最大級の水槽で実現したジンベイザメ3尾の複数飼育。いまだ謎が多い
ジンベイザメの生態を研究中です。
c0192843_2013041.jpg

世界一の飼育・展示内容を目指す大水槽
7,500㎥の水量を誇る「黒潮の海」大水槽では、ジンベイザメやマンタが
長期飼育記録世界一を更新中。世界初の繁殖に成功したマンタなど、
多くの世界記録が生まれています。世界一と世界初への挑戦はこれからも続きます。
c0192843_2015976.jpg
c0192843_2022048.jpg

マンタの繁殖を目指した複数飼育
最大のエイ「マンタ」4尾の複数飼育も実現。
飼育下におけるマンタの繁殖(交尾・出産)に取り組んでいます。
潜水服のお兄さんは水槽のお掃除です。
c0192843_202496.jpg

熱帯魚は通常は観賞用ですが、沖縄では食料となる。
c0192843_203996.jpg
c0192843_2062993.jpg

説明文はパンフより引用


Topに戻る 
  井戸八コレクションへ

[PR]

by idokichi | 2010-01-23 12:06 | 旅行
2010年 01月 22日
壷屋やちむん通り5
やちむん通りから少し裏道に行くと、陶器の体験をできる工房があります。
工房はとても素敵な建物です。
c0192843_22544838.jpg
c0192843_2255749.jpg

正月の年賀状に使用した写真です。
c0192843_22554964.jpg
c0192843_22561693.jpg


この井戸もSUN TIGERですから慶和製作所製です。
c0192843_22564283.jpg


井戸はやちむん通り沿いに5基を見つけたのですが、お茶を
飲んだ近くの井戸は写真を誤って消してしまいました。
機会があったら再び沖縄にシーサと井戸探しに行きたい。
c0192843_2257434.jpg




Topに戻る 
  井戸八コレクションへ

[PR]

by idokichi | 2010-01-22 05:34 | 旅行
2010年 01月 21日
平和通り
沖縄シリーズの続きです。
国際通りは1.6kmほどあり、その真ん中あたりに、平和通りがあります。
ここのアーケードはやや暗いのですが、さまざまな店が出ています。
この通りの先には、壺屋やちむん通りという陶器やシーサなどを売る店の通り
に出ます。
 帰る日に立ち寄ったら、大雨が降り、2人の女性がみえるあたりの店で、
マンゴのジュースを飲んで、雨宿りをしました。
c0192843_17295221.jpg

巨人も2011年より那覇のキャンプ入りが決定。経済効果が大きいようです。
c0192843_17572978.jpg

食堂の脇に何かある。
c0192843_17303510.jpg

牧志3丁目の古井戸でした。ねこがお出迎いです。
c0192843_1731664.jpg

威勢のいいシーサの店です。
c0192843_17322962.jpg

c0192843_17503825.jpg




Topに戻る 
  井戸八コレクションへ

[PR]

by idokichi | 2010-01-21 06:49 | 旅行
2010年 01月 17日
首里城周辺
守礼門
そういえば2000円札って見かけなくなりましたね。この門がデザインされてます。
c0192843_1054222.jpg


園比屋武御嶽石門(そのやんうたきいしもん)
国王が城外に出かける際、石門前で道中の安全祈願を行ったという。
世界遺産のひとつ。現在のものは1957年に復元されている。
c0192843_1054551.jpg

c0192843_1115345.jpg

歓会門(かんかいもん)
首里城に入る最初の門。
c0192843_1118683.jpg


琉球大学は1950年に、この首里城跡の敷地に造られた。
その後、首里城再現のため、1977年から1984年にかけて移転されたという。
c0192843_10545952.jpg

城からの眺めもよい。
c0192843_10552373.jpg

ハイビスカスの強烈な赤が南国らしい。
c0192843_10554138.jpg


久慶門(きゅうけいもん)
首里城の北側城壁にあり、主に女性たちが使用していた通用門。
石造アーチ門で、現在は一般見学コースの出口になっている。
c0192843_11292554.jpg



Topに戻る 
  井戸八コレクションへ

[PR]

by idokichi | 2010-01-17 07:17 | 旅行
2010年 01月 16日
琉球村
ちゃんぷるー劇場を終えて、残りの20分で琉球村を駆け足で見ました。
琉球村はさながら沖縄の昔の民家を移築した博物館。

旧仲宗根家 築200年 1984年読谷村座喜味より移築。
c0192843_20295848.jpg

旧玉那覇家 築115年 1982年恩納村塩谷より移築。一般的な民家。
沖縄の代表的なお菓子(サーダーアンタギー)をおばぁが作って販売してます。
c0192843_20594043.jpg

小麦粉のあげパンのようなお菓子。お腹がすいていておいしかった。
c0192843_2053398.jpg

旧比嘉家 築129年 1982年玉城村百名より移築。
沖縄の稲作発祥地の地主の旧家。
c0192843_20302463.jpg

旧大城家 築200年  1982年、那覇市首里より移築。
王府の重臣与那原親方の邸宅であった。
c0192843_2030439.jpg

陶芸工房(ヤチムン屋) 陶芸教室や商品販売をしている。
c0192843_20311012.jpg

製糖工場(サーターヤー)
水牛の背中に棒をつけて廻ればサトウキビが搾られ、その汁を炊いて
黒砂糖を作る工場なのです。
c0192843_20332053.jpg


参考 琉球村パンフ


Topに戻る 
  井戸八コレクションへ

[PR]

by idokichi | 2010-01-16 06:36 | 旅行
2010年 01月 15日
琉球村ちゃんぷるー劇場
ちゃんぷるー劇場は琉球村入口の手前で行われ、沖縄の年中行事が見られます。
天気が良い時は、琉球村内で行われます。
マミドーマ 動画でご覧ください。
農耕民たちのふるまいを取り入れ、クワや
ヘラなど農具を持ち、賑やかに踊ります。


琉球村入口付近 
観光バスの見学時間が1時間で、演武を40分、琉球村見学が20分の
忙しいスケジュールでした。
c0192843_6232172.jpg

ミルク(弥勤)
村の繁栄や五穀豊穣、人々に幸せをもたらせてくれる来訪神。
旧暦7月16日にミルク節と共に大きなうちわを持って村中を廻ります。
c0192843_77277.jpg

チョンダラ(京太郎)
白塗りのメークにユニークな動きで人々を笑わせるチャンダラーはもともとは
念仏者(ニンブチャ)とも言い、旧盆の家々を廻る際に先祖供養のため念仏を
となえていました。
c0192843_6253181.jpg

獅子舞は旧暦6月~8月までの旧盆や豊年祭に登場します。
c0192843_6261690.jpg

このおばあちゃまは88歳だそうです。
c0192843_6264161.jpg

さー、みんな踊りましょう!
c0192843_6271561.jpg

(説明文はパンフより一部引用)


Topに戻る 
  井戸八コレクションへ

[PR]

by idokichi | 2010-01-15 05:44 | 旅行
2009年 12月 29日
壺屋やちむん通り4
民家に飾られたシーサを見てみました。したがって、少し裏道に入っています。

シーサーは、沖縄県などでみられる伝説の獣の像です。建物の門柱や屋根など
に付けられ、家や人に対する魔除け等の意味を持ちます。
シーサは獅子(しし)を沖縄方言で発音したものです。

シーサは向かって右側が口を開け、幸せを呼び込み、左側は口を閉じ、
幸せを逃がさない意味があるという。
c0192843_21272599.jpg
c0192843_21275761.jpg
c0192843_21281035.jpg
c0192843_2129267.jpg

雪が積もったわけではありません。真白い屋根なのです。
c0192843_21292593.jpg

壺屋1-4井戸ポンプ
民家の庭にあるもので、ここのおばあちゃまに聞くと、このあたりは埋め立てられて
できた土地だそうです。そして、この井戸はもう水が出ないとのこと。
でもとても上品できれいな井戸です。
c0192843_21294695.jpg




Topに戻る 
  井戸八コレクションへ

[PR]

by idokichi | 2009-12-29 12:33 | 旅行
2009年 12月 28日
壺屋やちむん通り3
壺屋やちむん通りの端の大通りはひめゆり通り。この近くに壷屋のバス停がある。
ひとりで、一番先に来たのが壺屋やちむん通り。
もちろん民家のシーサと井戸を見つけるのが目的です。
シーサがあるのは当然ですが、井戸も見つかりひと安心しました。
c0192843_20155187.jpg

この井戸は水が出ましたのでまだ現役のようです。
c0192843_20161567.jpg

お馴染みのSUN TIGERですから、慶和製作所製ということになります。
c0192843_20163796.jpg
c0192843_2017132.jpg

ひめゆり通りの井戸のそばにあるシーサです。
c0192843_20172345.jpg
c0192843_20174554.jpg




Topに戻る 
  井戸八コレクションへ

[PR]

by idokichi | 2009-12-28 16:55 | 旅行
2009年 12月 27日
御菓子御殿
この御殿は守礼門と首里城を模したお店。ここの名物は紅いもタルトです。
観光バスのメンバーはここで美しい海を眺めて美ら海膳を...いただきます。
試食コーナをまわってから海の方に出てみました。プライベートビーチがあります。
c0192843_18155730.jpg

深いところは濃い青色の海になる。
c0192843_18165083.jpg

やはり気温が20℃以上あるので、水もなま暖かい。
c0192843_18171413.jpg

誰かさんと誰かさんが砂畑...
c0192843_1818898.jpg

沖縄ならでの砂浜です。
c0192843_18202295.jpg




Topに戻る 
  井戸八コレクションへ

[PR]

by idokichi | 2009-12-27 11:42 | 旅行