カテゴリ:旅行( 56 )

2010年 11月 13日
葦毛崎展望台
八戸旅行記の最終回となりました。
種差(たねさし)海岸遊歩道5.2kmの終点は毛崎展望台です。
ここからの景色をご案内します。

展望台の近くにレストランがあり、帰りのバスの時刻まで、休むことにしました。
この季節、数人のお客がいるだけで、ちょっぴり寂しいのですが、景色は抜群でした。





要塞のような展望台
c0192843_22484676.jpg
c0192843_22492820.jpg
c0192843_2250317.jpg
c0192843_22502348.jpg
c0192843_22511762.jpg
c0192843_22523246.jpg
c0192843_22525984.jpg






Topに戻る 
  井戸八コレクションへ

[PR]

by idokichi | 2010-11-13 06:04 | 旅行
2010年 11月 12日
大須賀海岸
種差(たねさし)海岸遊歩道の一部ですが、
白浜海水浴場ー葦毛崎展望台3.2km区間のうち、大須賀海岸部分をご案内します。
ここは遊歩道が点線になっており、砂浜を歩けばよさそうです。
大須賀海岸は種差海岸の一部で、砂巾100-200m、長さ約2kmもの海岸です。
日本の渚百選に選ばれています。





動画がうまく見られない方の為に...
一人もいない砂浜についた足跡は、人生の足跡のようです。
c0192843_13512565.jpg


海にはウミネコが群れていました。
c0192843_1354862.jpg


ちょうど3分ほど虹が出ました。
c0192843_13544763.jpg


カメラを構えているのは、だあーれ。
c0192843_13551848.jpg


砂浜にも植物が生え、美しい実がなっています。
c0192843_13555257.jpg


大須賀海岸を見渡している一本の松。
c0192843_13561728.jpg






Topに戻る 
  井戸八コレクションへ

[PR]

by idokichi | 2010-11-12 05:39 | 旅行
2010年 11月 11日
種差(たねさし)海岸遊歩道
八戸旅行の続きです。
バスで、八戸線の鮫より終点の種差海岸駅まで乗りました。
近所には食事するにもあまり店がないので、ここから葦毛崎展望台まで
歩くことにしました。
種差キャンプ場ー深久保漁場  1.1km
深久保漁場ー白浜海水浴場   0.9km
白浜海水浴場ー葦毛崎展望台  3.2km
合計5.2km歩くことになった。

地図をクリックすると、拡大して見られます。
c0192843_19492494.jpg



種差キャンプ場から白浜海水浴場までの2km区間の美しい海岸をお楽しみください。




種差キャンプ場付近は天然芝生地になっています。
c0192843_10522276.jpg


白岩もきれいですが、本当は海鳥のフンかも?
c0192843_10525197.jpg


遊歩道は白浜海水浴場まで整備されています。
c0192843_10531986.jpg


淀の松原といわれるだけあって、1万本の松や奇石に生える松も美しい。
c0192843_10534225.jpg


深久保漁港
c0192843_11424743.jpg


白浜漁港
c0192843_1054546.jpg





Topに戻る 
  井戸八コレクションへ

[PR]

by idokichi | 2010-11-11 07:13 | 旅行
2010年 11月 09日
十和田湖到着
十和田湖に着くちょっと前から雨が降り出しました。
景色が霧でよく見えないのが残念です。
もう、帰りのバスが最終しかないので、遅い昼食をとりながら、
付近の風景を眺めました。

 今回は十和田湖の遊覧船にも乗れませんでした。
ただ、奥入瀬渓谷14kmをすべて歩いて十和田湖に着いたという事実が残ります。
3時間コースではありましたが、5時間ほどかかりました。

c0192843_18144682.jpg
c0192843_18152250.jpg
c0192843_18154674.jpg
c0192843_1816164.jpg
c0192843_1816533.jpg
c0192843_18171981.jpg


旧十和田湖町(現在十和田市)のおしどり、ナナカマドのマンホール
c0192843_19561032.jpg






Topに戻る 
  井戸八コレクションへ

[PR]

by idokichi | 2010-11-09 07:01 | 旅行
2010年 11月 08日
奥入瀬渓谷の滝
奥入瀬渓谷にはたくさんの滝があり、それが観光コースになっています。
雲井の滝から銚子大滝までの4.7km区間の滝の紹介です。
この景観は他に見られないものです。

雲井の滝
落差25mの滝で、豪快な流れです。
c0192843_18481613.jpg
c0192843_18484583.jpg


玉簾の滝(たまだれのたき)
雲井の滝より2.4kmの場所にあります。
これは標識で、本当の滝は、歩道より見られなかったので、リンク先よりご覧下さい。
c0192843_18562875.jpg


九段の滝
複雑な地層が、浸食されて生まれた階段状の滝です。
c0192843_18565188.jpg


銚子大滝
幅20m、落差7mの豪快な滝です。
ここから子ノ口(ねのくち)、すなわち十和田湖まで1.6kmです。
c0192843_1857219.jpg
c0192843_18574073.jpg





Topに戻る 
  井戸八コレクションへ

[PR]

by idokichi | 2010-11-08 06:46 | 旅行
2010年 11月 06日
奥入瀬渓谷散策その2
今回は石ケ戸から雲井の滝間の2.7kmをご紹介します。
地図をクリックすると拡大して見られます。
c0192843_11325919.jpg


見どころは屏風岩と阿修羅の流れでしょうか。
あ、それと音楽がぴったし画像とともに終わるところ。
さて、動画をご覧ください。




阿修羅の流れ




動画がよくご覧に慣れない方はこちらの静止画を見て下さい。
屏風岩
c0192843_13555710.jpg


トクサ
c0192843_141152.jpg


阿修羅の流れ
大きな岩を打ち砕くかのような流れは、戦いを好む神、阿修羅の名にふさわしい。
c0192843_1485318.jpg




Topに戻る 
  井戸八コレクションへ

[PR]

by idokichi | 2010-11-06 05:42 | 旅行
2010年 11月 05日
八戸市の長者町には
朝は1時間半ぐらい自由な時間があったので、一人で街を散歩してきました。

本八戸にあるホテルから800mほどのところに、長者山新羅神社があります。
小高い森の山頂にある神社です。本殿が見えてきました。
c0192843_20483172.jpg

久しぶりに狛犬です。
c0192843_2044951.jpg




この神社から100mぐらいの場所に大慈寺があります。
山門に行くところに巨大な灯籠がありました。
c0192843_20125875.jpg


c0192843_2014894.jpg



このお寺さんの近くの民家には花に囲まれた井戸が見えました。
もう横は穴があいていて、使われてないようです。
c0192843_20144057.jpg

川本第一製作所製の井戸ポンプのようです。
c0192843_201556.jpg



井戸の近くの民家の垣根は華々しい花が咲いておりました。
c0192843_20153228.jpg

時間を気にしながら、ホテルに戻りました。
これから、海岸の方にバスで向かう予定です。



Topに戻る 
  井戸八コレクションへ

[PR]

by idokichi | 2010-11-05 06:01 | 旅行
2010年 11月 04日
八戸のおみあげ屋さん
おいでやぁんせは方言。バスの運転手さんが親切にいろいろ教えてくれるんですが、
ズウズウ弁でよくわかりませんでした。
 おまけに、観光地は中国語が飛び交っていて、我々が外国人のような感じでした。
おみあげを売っている建物。
c0192843_17282867.jpg


その建物に巨大な山車が飾ってありました。
そういえば、ふるさと祭り東京が後楽園ドームで行われたのを思い出した。
八戸からどうやって東京ドームに入れたんだろう。
まさか、山車を引っ張って東京まで持ち込んだんではないだろう。
解体して、持ちこんだんだと思われます。
c0192843_1724334.jpg
c0192843_17251616.jpg
c0192843_17254356.jpg



おみあげは南部せんべいを買い、宿に戻りました。
職場でも人気があり、すぐなくなりました。
c0192843_17262352.jpg



八戸と宿のある本八戸を結ぶのはジィーゼルの八戸線。
扇風機が天井についていて、ジィーゼルの騒がしい音も、ローカル線らしい。
朝晩の時間は2本、その他は1時間に1本出ている。2~4両編成のようだ。
c0192843_17274770.jpg





Topに戻る 
  井戸八コレクションへ

[PR]

by idokichi | 2010-11-04 07:32 | 旅行
2010年 11月 03日
奥入瀬渓谷散策その1
十和田のパンフより抜粋(クリックすると大きく見えます)
c0192843_19141557.jpg

 071.gif 071.gif 
この地図で右側から左の十和田湖に向かって、14kmの歩道を歩いて行きます。
今回は焼山から石ケ戸までのの5kmあまりをご案内いたします。
はじめに、写真のスライドショーと動画でご覧ください。








さすがに、この全コースを歩く人はあまり見かけませんでした。
時折、バスの中や、バスから降りて観光する方は台湾の方が
多いようです。どこに行っても、中国語が飛びかっていました。037.gif

動画がよく見られない方の為に、写真も付けました。
c0192843_1228747.jpg

c0192843_12294461.jpg

c0192843_1234024.jpg

c0192843_12403464.jpg



Topに戻る 
  井戸八コレクションへ

[PR]

by idokichi | 2010-11-03 07:07 | 旅行
2010年 11月 01日
運気向上横丁
新幹線の八戸を降りて、ジーゼル2両編成の八戸線に乗って
二つ目の本八戸に着きました。ここから10分位歩いたところに宿があり、
遅い昼食をとりながらチェックインしました。
c0192843_19301142.jpg


駅前はさびれていたのですが、しばらく行くとにぎやかな商店街に出ました。
途中、運気向上横丁というのがあり、ちょっと寄ってみました。
はたして、ご利益があるでしょうか。
c0192843_1930441.jpg






もうご利益が...思わぬ双子ちゃん井戸のプレゼントでした。
c0192843_19311585.jpg

お馴染の川本ポンプでした。
c0192843_19313317.jpg


そして、マンホールもゲットしました。
「菊」は市民の花で、真ん中の鶴は八戸と旧南部藩の「向鶴の紋」をデザインした市章です。
c0192843_19315518.jpg


まさに運気向上横丁ですね。昼食はおいしく頂きました。
c0192843_19321570.jpg




Topに戻る 
  井戸八コレクションへ

[PR]

by idokichi | 2010-11-01 07:35 | 旅行